保育士を目指せる学校~教育現場の必須スキル~

プロを目指す方法

男性女性

保育士として保育園で働く際は、厚生労働省の保育士資格が必要となります。資格を持っていない人でも保育現場で働くことが出来ますが働ける場所が狭まってしまうのと、国からは保育士としては認められていないので満足出来る給料や待遇を得ることが難しくなります。そのため保育士として保育現場で働きたい人は、資格を取得することが第一のステップとなるのです。資格は専門学校や短期大学などの学校や、通信講座で勉強しながら取得することが出来ます。専門学校や短期大学の場合は「指定保育士養成施設」となっているので、試験を受験しなくても卒業と同時に資格を手に入れられます。通信講座と違い試験を受ける手間が省けるので、保育士を目指す多くの人が進学を選んでいるのです。

専門学校や短期大学、4年制大学では、保育士の資格を取得することが出来ます。資格を取得することで、公立保育所・私立保育所・認定こども園・施設・企業内保育所などへ就職することが出来ます。特に最近では認定こども園や企業内保育所の数が一昔前に比べると増えているので、資格を持つことで働ける幅がグンと広がっているのです。また学校によっては幼稚園教諭免許も一緒に取得出来るので、卒業と同時に2つの資格が欲しい人は事前に取得出来るか調べておくことが大切です。資格を取得すれば途中で辞めても保育現場で再び働けるので、先生としての将来の夢を持つ人は学校へ通い取得を目指してみると良いでしょう。

職場環境の要

ノートとペン

50人以上の従業員がいる職場に、必ず一定の人数必要なのが衛生管理者の資格を持つ人です。衛生管理者になるためには、第一種もしくは第二種の衛生管理者試験を受験して合格する必要があります。

詳しく見る

幼稚園で働こう

先生と子供

幼稚園教諭を目指す人は、4年制大学や短大で免許状を取得しましょう。大学によって取得出来る種類が異なるので、自分の目標に合わせて学校を選ぶことがポイントとなります。

詳しく見る

安心して通える

保育士

保育士としての資格を短期間で取得したい人には短期大学が最適です。探す際はオープンキャンパスへ参加したり、インターネットを活用して実習への取り組みを調べたりするのがポイントです。

詳しく見る