保育士を目指せる学校~教育現場の必須スキル~

幼稚園で働こう

先生と子供

3歳から5歳までの子どもが在籍する幼稚園は、保育園と同じように子どもの成長に携わる仕事となっています。そのため子どもが好きな人には最適な職業なのです。基本的に幼稚園で働く際は、公立と私立の2つから選んで就職することが出来ます。しかし就職する際には幼稚園教諭の免許が必要となるので、幼稚園の先生を目指す人は資格取得から目標にすると良いでしょう。幼稚園教諭免許には専修免許状・一種免許状・二種免許状の3種類があります。種類によって幼稚園の先生としてのレベルが異なるので、学校へ通う際はどの免許状を取得出来るのか事前に調べることがポイントとなります。特に一種免許状や専修免許状は教育に関する研究や学びを積んだ証明になるため、様々な指導を子ども達に届けることが出来るのです。一種免許状や専修免許状は4年制大学や大学院へ通うことで取得出来るので、先生としての高い知識や技術を身につけたい人に適しています。

幼稚園教諭を目指す人は、まず自分の欲しい免許状を取得出来る大学を見つけることが大切なポイントとなります。大学には4年制や2年制の2つのタイプがあるので、自分の目標を優先しながら選んでいきましょう。また短大の場合は幼稚園教諭二種免許の取得しか出来ないため、一種免許状や専修免許状を取得したい人は4年制大学を調べましょう。また最近では働く際に保育士の資格を持っている人を求める幼稚園が増えているので、同時に保育士の資格も取得出来るのか一緒に確かめることも重要となります。