保育士を目指せる学校~教育現場の必須スキル~

安心して通える

保育士

0歳から5歳までの乳幼児の成長に携われる仕事として人気の保育士は、短期大学や4年制大学へ通うことで資格を取得することが出来ます。プロの保育士として働くには資格が必須となるので、保育園や認定こども園で働きたい人は大学へ入学すると良いでしょう。大学でも短大の場合は2年制になっているので、専門学校のように短い期間で資格が取れます。そのため早く資格を取得して現場デビューしたい人には最適なのです。各エリアにある短大では無料のオープンキャンパスを実施しているので、入学を希望する短大がある際は参加してみると良いでしょう。オープンキャンパスでは実際の授業を体験することが出来るので、雰囲気や講師を自分で確かめるには良い機会となっています。また入試や学費に関する相談も受付けているので、入学前の不安や疑問を解消したい人も足を運んでみると良いでしょう。オープンキャンパスの情報はネットで調べられるので、スマホや携帯、パソコンを使って短大のHPやポータルサイトを検索してみましょう。

保育士になるために短期大学への入学を考えている人は、資格取得から就職までしっかりサポートしてくれるか事前に確かめましょう。特に資格を取得するには保育園・幼稚園・施設と3つの現場での実習を受けることが必須となっているため、実習への取り組み方法やサポートを調べるのが重要なポイントとなります。実習は初めての現場デビューにもなるので、不安な気持ちでいっぱいの学生も多く見受けられます。一人ひとりの気持ちに寄り添い充実した実習になるような講師やカリキュラムのある短大を見つけ、プロの保育士としての道を進みましょう。